10月 16th, 2012年

本棚と本

2012-10-16

秋の夜長・・どのように過ごしていますか?食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・など過ごしやすいこの季節はいろいろなことにチャレンジしたいですよね。さて、我が家では今大変なことが・・それは本棚兼カバン置きとして使っていたカラーボックスがなんと重みで仕切りの板が外れてしまうということがありました。原因は大量の本です。元々本棚ではないのでこの仕切りの板は頑丈のようですがそうでもないらしく、本の重みで中心あたりがカーブして歪んできていてついに落ちてしまいました。直そうにもこの板が歪んでしまってすぐには元通りにならず・・しばらくこの大量の本を重しに歪みを直して置くことにしました。

でもまた同じように本をしまうこともできず。。この本たちをどうしたものか?それに子供たちは大の本好き。新しい本が読みたくて仕方ない「買って~」とせがまれるがこれ以上本を増やすことが出来ない・・・でも子供たちの本を読みたい気持ちは大切にしたいし出来るだけたくさんの本に出会ってほしいという願いもあります。そうこうしているうちに娘が「学校から本を借りてきたので、本買わなくても大丈夫」と言ってくれたのでした、それに休み時間も図書館へ行って読んでいるようです。無いならないなりに子供たちも考えるのだな~と感心していたのですが、下の子が自分だけ新しい本が無いとスネていたので、先日土曜日に市民図書館へ通うことにしました、最近足を運んでいなくて考えが浮かばなかったのですが、これは良い機会だと思い行ってみると、なんと本は5冊、雑誌は2冊、メディアは3点合計10点を2週間も借りる事ができると。私もすっかり忘れていたのですが、たくさんの本を借りれることに息子は大喜びです♪
図書館にいる間に数冊の本を読み、そして借りる本を選びあっという間に時間が過ぎました。ついでに私も本を借りて秋の読書タイムを楽しむ事にしました。

棚が壊れたのはちょっとショックでしたが、本を読むチャンスが巡ってきて私としてはとても良い機会となりました。なんとなく読みたいなと本を買ってもなかなか読むのを後回なったりとよくありましたが、借りてきた本は期間があるのでこの期間内に読もう!という意識が高まります。また子供と一緒に本を読む時間を作ろうと思うこともできました。そしてあの大量の本を別の棚にしまうためにスペースを確保しようと子供たちのこれまた大量のおもちゃを一気に捨ててすっきりすることも出来き、私にとっては一石二鳥、三鳥もの良い出来事となりました。
                 
さて・・仕切りの板はいつ直るかわかりませんが、秋の夜長を読書で楽しみながら気長に待ちたいと思います。直ったらまたきれいにして少し軽いものを入れられるようにと思っていますが、これからどうしようか考えるのがまた楽しみです☆

今日のありがとう 『アサガオ』

2012-10-16

こちらのカテゴリーでは日々のありがとうを探して綴っていきたいと思います☆彡
今日のありがとうは・・・「アサガオ」
夏休み中にたくさんの花を咲かせて楽しませてくれた「アサガオ」子供たちと毎日花の数を数えて楽しんでいました。もう枯れてしまい、種ができていたのですが・・・
                 
ふと今朝みてみると・・なんと「芽」が出ているではないですか!台風の後に種が落ちて自然に生えてきたのかもしれませんが、驚きとともに嬉しくなりました。
「ありがとう」また私たちを楽しませてくれるのね♪これからの成長が楽しみです。

Copyright (C) Hinaharu Day All Rights Reserved.