Backupプラグインは「wp-dbmanager」

2012年10月29日

WordPressもバックアップは必要。サーバー側でも自動でやっている場合もありますが、WordPressのバージョンアップやふとした拍子にデータが消えてしまう事があります。対応しているプラグインも様々。

いざという時に備える、WordPressの自動バックアッププラグインいろいろまとめ6つ

FTPソフトが使用可能な環境なら、私的には「BackWPup」が保存方法や保存形式が多岐に渡っているのでお勧めではあります。
しかし私の環境はサーバーをお借りしているのでFTPソフトでのアクセスは禁止。あれこれ入れては削除を繰り返し。
結果「WP-DBManager」を入れて必要な時に手動でバックアップを取る事に決定!!

「WP-DBManager」については、下記のサイトで詳しく説明しています。

WordPressでブログ
データバックアッププラグイン、WP-DBManager2.50を設定しました。

日本語化については、上記サイトのようにFTPソフトでUPすることも可能ですが、先にZIPファイルに日本語ファイルを入れてインストールするのもお勧めですよ。

自動でもバックアップもできるのだけれど、そこまでまめにするほどのものはないし(笑)
プラグインを「有効化」すると必ず表示されるこのエラー・・・(泣)

エラーメッセージ
公けのフォルダに表示される可能性??(←英語苦手)ではなく、バックアップフォルダにアクセスを制限かけなさいと言っているようですね。
しかしそのエラーを気にせず無視してもちゃんとバックアップが取れるのです。そしてデータベースの最適化などもできて小回りが利く感じ。
何より「WP-DBManager」は日本語化できるのが嬉しいところ。なので普段は「停止」にして定期的に「有効化」し手動でバックアップを取ります。
エラーがなんだ!使えればいいんだ(笑)

唄:Lily「-ERROR」を歌ってみた 歌い手:はぐ 

最近曲選択がかなり強引な気がする(笑)

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.